« 定額給付金ハイグレードランチ | トップページ | 仲町台のパティスリー・シュクレ(SUCRE) »

2009.07.03

女子が行ってもいい(笑)大戸屋

僕が初めて大戸屋に行ったのは、1986年とか87年とかいう頃だったとおもいます。
当時大戸屋は、おそらく池袋と高田馬場くらいにしかなかったとおもいます。
圧倒的な安さとメニューの豊富さは当時も今もかわりませんが、客層というのは随分違う気がします。
当時の大戸屋というのは、女子はあまり行かない、というか行ってはいけない(笑)お店だったように記憶しています。

当時はバブルの最盛期で、みんなわりと贅沢なことを言っていたということもありますが、一般に女子はなにかと不自由というか制約の多い存在だったような気がします。
「オヤジギャル」という言葉が流行したのは1990年ですが、裏返すと、その頃までの女子はオヤジ的な行動はしてはいけないという規範意識みたいなものが濃厚にあって、それが薄れ始めたのが1990年頃だといえるのではないでしょうか。
その頃までの女子は、牛丼屋やラーメン屋に行ってはいけなかったし、競馬もしてはいけなかった。(もちろん例外はいっぱいいましたけど)
そして、大戸屋に行くことも基本的にはNGだったようにおもいます。(笑)
大戸屋というのは当時、(平均的な)女子にとっては、わりとハードルが高かったようです。

でも、今の女子は吉野家にもいけば、ひとりでラーメン屋にも行くし、大戸屋にもいきますね。
この変化は二つあって、ひとつは女子の行動について「~はしてはいけない」といった意識が薄らいでいるんじゃないでしょうか。(それはいいことだと、僕はおもいます)
もうひとつは、ラーメン屋の方も変わったということがありそうです。
牛丼屋もラーメン屋も競馬場も、女子が行きやすいようにオヤジ色を薄めたというか、小奇麗になりましたね。
そして、大戸屋も綺麗になりました。
いつの間にか全国に200店舗以上もあるようですが、お店は小奇麗というのみならず、なんとなくオシャレな感じでさえあり、20年前の大戸屋とはまったく違ったものになりました。

◆お店のページ
 大戸屋
 大戸屋 センター南駅前aune店

そして、センター南の駅前、auneにある大戸屋。
そんな昔の大戸屋を知ってか知らずか、お客さんは、女性の方がむしろ多いのではないかとおもいます。
600円くらいから(高くても900円くらい)食べられるという安さは変わらず、女性が躊躇せず入れる大戸屋というのは、実に目出度いではありませんか。

|

« 定額給付金ハイグレードランチ | トップページ | 仲町台のパティスリー・シュクレ(SUCRE) »

コメント

こんばんは。大戸屋がそんなに昔からあるなんて知りませんでした。私はまだ牛丼屋もラーメン屋も一人では入れませんが、大戸屋だと入れるのは、やはり店がこぎれいなのと、女性客が多いせいでしょうね。もし定食屋風だと、これまた入りにくいのかなと。でも、立ち飲み屋に一人で行く友人(もちろん女性)もいるしなあ。最近は女性が強くなったので、「どこでもおひとり様で平気」という人が多くなっているのかもしれません。

投稿: みわあき | 2009.07.04 03:34

みわあきさん

かえるでいいです。
いつもコメントありがとうございます。

僕の周辺では、昔からけっこう強い女性が多かったとおもいますが、近頃はだんだんストレートになってきたような気も・・・。

投稿: かえるでいい | 2009.07.04 08:35

私も最初に大戸屋に行ったのが高田馬場の大戸屋で,1987~88年ごろだったと思います。
その頃はオヤジしか行かないようなお店で,少しも流行っていませんでした。その後,経営を継いだ息子さんがイメチェンを図ったらしく,女性客がたくさん入るお洒落なお店になりましたね。店が小ぎれいなことに加え,ヘルシー重視のメニューが受けたんだと思います。決して,安いメニューばかりではないのですが,横浜相鉄の大戸屋あたりはいつも,混んでいますね。ノースポートにも出てきてますし,和食なら大戸屋に任せろって感じですね。私はよく,黒酢あんかけ鶏定食(正式名は違うかな?)を食べます。

投稿: 太郎 | 2014.08.25 20:05

太郎さん、なんだか同じ頃に高田馬場でニアミスしていたんですね。
BIGBOX前あたりですれ違ったことがあるのかもしれませんね。(笑)
僕はオヤジだらけだった大戸屋もけっこう好きでした。
たしか、吉祥寺店というのができたのがキレイな大戸屋のはじめだったんじゃないかとおもいます。
その後いちど潰れかけたらしいですけど、今はもう、どこにでもありますね。
僕はたいてい、オプションでとろろをつけてもらいます。

投稿: かえる | 2014.08.25 20:49

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子が行ってもいい(笑)大戸屋:

« 定額給付金ハイグレードランチ | トップページ | 仲町台のパティスリー・シュクレ(SUCRE) »